AGAと喫煙・飲酒の関係

喫煙はそもそも何らいい影響があるとは言えないものですが、AGAの人にとってはより悪いことしか起きないと思っておいた方がいいでしょう。なぜなら、喫煙は血液の循環を悪くするからです。それに喫煙して入ってきたニコチンによって血管は縮んでしまうこともわかっています。血流は当然悪くなります。頭皮にも血管は通っていて、この血管を通して髪に必要な栄養が送られています。ということは、喫煙で血流が滞るとその大切な栄養は髪に正常には届かなくなるのです。これではAGA治療をしていたとしても治療はあまりうまくいかないことになりますし、ましては治療さえしていなければなおさらです。飲酒はこれに対して適度であればストレス解消にもなりますし血行を促進してくれますからAGAにいい影響もあります。ただ、飲みすぎてしまうとダメです。アルコールを摂取しすぎると、アセトアルデヒドの分解が追い付かずに体中にまわってしまいます。アセトアルデヒドはAGAの原因であるDHTを増やしてしまうのです。これではAGAは悪化してしまうでしょう。適度な飲酒以外はやめた方が懸命であると結論づけられます。更年期の薄毛の対策は育毛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>