細かいフケと大きなフケの違い

不潔の代名詞のように扱われることもあって、多くの人を悩ませているフケ。しかし、その正体は、古くなった頭皮の角質です。正常な人間であれば誰でも新陳代謝を繰り返していますから、古くなった角質が剥がれ落ちていくのは当然。フケが発生するのだって特別おかしなことではないのです。ただし、何らかの頭皮トラブルが原因で、このフケが人より多く、目立ってしまうという人がいるのもまた確かです。一般的なフケは、ほとんど目に見えないくらいのサラサラと細かいものなのですが、頭皮のトラブルによって発生するフケは、白く目立つのが特徴です。たとえば、頭皮が乾燥しているときは、乾いていて白く、細かいのですが少し大きめなフケが発生します。肩などにつもって目立つのが、このタイプのフケです。優しい洗浄剤を使って頭皮を刺激しない洗髪を心がけると、改善していきます。一方、頭皮があぶらっこいときには、べたついて黄色く、大きなフケが発生します。このフケは下に落ちていくというよりは、髪の毛に絡みつくように発生している場合が多くなっています。固まりのようなこのフケは、頭皮を清潔にたもち、細菌の働きを抑えることで改善されていきます。男性シャンプー 口コミ